診療案内

診療対象動物

■ウサギ
■フェレット
■げっ歯類

モルモット・ハムスター・チンチラ・リス・ジリス・プレーリードッグ・ラット・マウス・モモンガ・スナネズミ・デグーなど

■鳥類

インコ、オウム類(セキセイ、オカメ、ボタン、コザクラ、バタンなど)
フィンチ類(文鳥、十姉妹、キンカチョウなど)
家禽類(ウズラ、ニワトリ、アヒルなど)・小型猛禽類など
※感染症の関係から野鳥の入院治療は行っておりません

■その他

爬虫類(カメ、トカゲ、ヘビなど)
※毒ヘビやドクトカゲの診察は行っておりません
両生類(カエル、イモリ、アホロートル、サンショウウオなど)
フクロモモンガ・ハリネズミ・フェネック・小型サル類など

※上記以外の動物種についてはお電話にてご相談ください。
 TEL 03-5981-9761

眼科診療

ウサギ 当院では隔週火曜日に獣医眼科専門医による診察を行っております。

予約枠が限られている為、早めのご予約をお願い致します。

眼科専門医 加藤久美子先生

北里大学獣医学科卒業後、ニューヨークのアニマルメディカルセンターにて米国眼科専門医のDr.van der Woerdtに師事。

平成11年から東大付属動物医療センターにて眼科診療責任者として眼科診療と研究に従事し、平成19年に犬の緑内障研究で獣医博士を取得。

東大では当院院長とともにエキゾチック動物の眼科診療も行っていた。

>> くみ動物病院

当院診療費の目安

初診料¥2,970
再診¥1,100~
レントゲン検査¥5,000~
血液検査¥7,000~
検便おおよそ¥1,000~
CT検査¥25,000~50,000(動物種による)

※上記検査料金はおよその目安となり、動物の種類や検査内容等により変わります。詳細やご不明な点は院内でスタッフにご確認ください。

お薬の郵送について

当院では継続投与が必要なお薬でやむを得ない事情の際、獣医師の判断によりお薬をご郵送させて頂くことがあります。長期間の処方や診察をしていない症例に対する処方は原則行っておりません。
郵送ご希望の際にはお電話でご相談下さい(お薬の内容や動物の状態によっては郵送できない場合もあります)。郵送に関しては、事前にお薬代をお振込みいただく必要があり、送料は着払いとなります。

< お電話IDの発行はこちら (予約済みの方のみ) >

《振込先口座》
三菱UFJ銀行 駒込支店
《口座番号》
普通預金 1266350
《口座名》
ミワヤスツグ

※振込手数料はお客様にてご負担下さい。

院内紹介

外観

JR駒込駅東口から徒歩2分。
駒込東公園に面した緑色の建物です。

1階は駐車場になっており、最大4台まで駐車可能です。お車で来院の際はご利用ください。

受付は2階ですので中の階段を上がってください。

待合室

2階に上がると待合室です。
来院されたら受付に診察券か受付カードをお出しください。

第1診察室、第2診察室があり、どちらも奥の処置室に繋がっています。

お手洗いは3階にあります。

第2待合室

3階は第2待合室になります。
2階のソファがいっぱいの時など、ご利用いただけます。
順番が来たらスタッフが呼びに参りますので、一言お声かけいただければ幸いです。

お手洗い、第3診察室、レントゲン室、手術室も3階にあります。

手術室・レントゲン室

手術室はレントゲン室も兼ねています。
デジタルで撮影したレントゲンは診察室のモニターで見ることができます。

手術台

レントゲン台の向かい側には手術台があります。
麻酔をかけての検査や手術は主にここで行います。

レントゲン写真を撮りながら行う処置(骨折など)は、向かい側のレントゲン台が手術台になります。

CT検査(機器:マイクロCT R_mCT AX,リガク)

CT検査(機器:マイクロCT R_mCT AX,リガク)
CT検査は体内をレントゲン検査よりもより詳しく評価できる検査です。
特にウサギやげっ歯類の歯科疾患や中耳炎や内耳炎の診断、胸腔内の病変、鳥類や爬虫類の体腔内などこれまでは詳細に評価できなかった部位の病変を詳しく検査できます。

  • 院長紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 獣医師勤務表
  • 病気について
  • ウサギ
  • フェレット
  • モルモット
  • プレーリードッグ
  • 鳥類
  • ハリネズミ
  • フクロモモンガ
  • サル類
  • 薬の飲ませ方
  • 動物病院さまへ
  • English
  • 採用情報
  • ホーム
*各種クレジットカードご利用になれます。
 詳しくはお問い合せください。

QRコード